スティーブン・キングに学ぶ習慣化と文字数記録

作家「スティーブン・キング」習慣化と文字数記録が参考になります。

 

スティーブン・キングは『スタンド・バイ・ミー』『ショーシャンクの空に』『グリーンマイル』で知られる作家です。

※他にも『キャリー』とか『シャイニング』も映画化されていますね

スティーブン・キングのシンプルすぎる一日と習慣

スティーブン・キングのシンプルすぎる一日は以下の通り

  • 朝8時~正午:執筆(最低2000文字)
  • 昼過ぎ:昼寝
  • 午後:散歩、読書、家族と過ごす

習慣化(ルーチン化)がポイント。

 

特別な日にちは一切作っていなかったようです。

※クリスマスも誕生日も絶対に2000文字は書いたのだとか

 

作家ヘミングウェイ同様に、

  • 「時間」
  • 「文字数(成果量)」

の両方を管理しているのもポイントです。

 

アルパカ

時間か量のどちらかを満たせばOKとすることで、継続しやすくなります

 

毎日書かないならば、書いた文字が私の心の中から無くなり始める

スティーブン・キングは語ります。

「毎日書かないならば、書いた文字が私の心の中から無くなり始めるんだ」

 

毎日、書く。

それが物語を作り、完結させるための唯一の道のようです。

 

執筆中の決まりごと(外界を遮断)

執筆中の決まりごとは他にもあります。

例えば「外界を遮断すること」もルールでした。

具体的には、

  • 電話を取ること
  • 部屋に誰かを入れること

はしなかったそうです。

 

現代だと誘惑の数はもっと増えているので

  • LINEしない
  • メールしない
  • SNSしない
  • ネットサーフィンしない
  • Youtubeなどを見ない

と言い換えることが出来ますね。

 

村上春樹も午前に執筆&最低文字数を決めている【余談】

村上春樹も午前に執筆&最低文字数を決めています。

  • 朝5時に起きて朝食を食べる
  • その後は正午まで執筆
  • 1日4000文字は書くことに決めている

 

「執筆とは肉体労働だ」とも語っています。

キング同様に、習慣化された創作活動を続けているようです。

 

まとめ:プロはインスピレーションを待たない

最後に、スティーブン・キングの、「書くことについて」という本の中にこんな一文があります。

「アマチュアたちは、インスピレーションがくるのを座って待つ」

「アマチュアではない我々は、起きて仕事に出かける」

引用元:「書くことについて」

 

何かを成し遂げるために大事なのは、不定期にやってくるインスピレーションやヤル気ではなく、毎日コツコツ続けること。

そして、その習慣を徹底的に守ること。

特別な日すら作らず、過ごす生き方もあるようです。

 

私も怠け心に負けないように、実践してみようと思います。

 

【おまけ】作家でいうと、森博嗣さんや西尾維新さんも毎日淡々と「仕事として」執筆を進めるタイプです。

執筆速度が平均より圧倒的に早い2人の小説家(西尾維新と森博嗣)

コメントはお気軽にどうぞ!