Google Chromeのマウスジェスチャーを入れてない人は今すぐ入れるべき

Google Chromeのマウスジェスチャーを入れてない人は、今すぐ入れましょう。

マウス操作時に、ウィンドウの上の方にマウスを持っていく手間が減らせます。

ウェブサーフィンの効率が5%くらいアップします。

  • 隣のタブに移動する
  • タブを閉じる
  • ページの上 or 下に移動する

処理を設定するのがオススメ。

Google Chrome拡張機能「マウスジェスチャー」のインストール

マウスジェスチャーのインストールを行いましょう。

Google Chrome拡張機能なので簡単です。

マウスジェスチャーをインストールする

 

Google Chrome拡張機能「マウスジェスチャー」のオススメ設定

Google Chrome拡張機能「マウスジェスチャー」のオススメ設定は以下の通り。

  • 左に動かす→左タブ
  • 右に動かす→右タブ
  • 上に動かす→一番上までスクロール
  • 下に動かす→一番下までスクロール
マウスジェスチャーオススメ設定

マウスジェスチャーオススメ設定

残りはテキトーでOK。

 

マジックナンバー7という考えがあります。

人間が記憶できるのは7つプラスマイナスいくつかです。

ってことで、設定するのは4つ~5つくらいにするのが良いでしょう。

 

Advancedな使い方

Advancedな使い方としては、自分がどんな処理を頻繁に行うかを記録して、それを設定するようにしましょう。

例えば私の場合だと、頻度が高い操作は以下のものでした

  1. 左タブ移動
  2. 右タブ移動
  3. 戻る操作
  4. タブを閉じる
  5. 新規タブを開く

左タブに移動、右タブに移動は、もっとも動きの量が少ない「左」「右」に設定したままでOK。

しかし、次に頻度が高い処理を「上」「下」操作に設定したいです。

※2方向に動かすのは0.5秒くらい時間が余計にかかるので…

 

タブを閉じるのは、Ctrl+W自体をボタン付きマウスに設定しているので、マウス操作ではやりません。

ということで「戻る操作」「新規タブを開く」操作を、それぞれ「下」「上」操作に設定しました。

マウスジェスチャーオススメ設定2

マウスジェスチャーオススメ設定2

これで、最小限の操作で、頻度の高い処理を簡単にできるようになりました。

こういった時短の積み重ねが生産性向上には大事です。

 

以上、「Google Chromeのマウスジェスチャーを入れてない人は今すぐ入れるべき」というお話でした。

コメントはお気軽にどうぞ!