「フローに入りやすい5つの目標設定ルール」のチェックリスト

「フローに入りやすい5つの目標設定ルール」がめちゃくちゃ有用そうだったので、自分なりにまとめました。

フローに入りやすい5つの目標設定ルール

結論から言うと、フローに入りやすい5つの目標設定ルールは以下の通り

  1. 客観的、具体的プランである
  2. 反復可能性がある
  3. フィードバックの持続
  4. ストレスがあること
  5. 苦手を克服する課題があること

 

大きな目標(夢)を持つだけじゃだめな理由

大きな目標(夢)を持つだけじゃだめです。

1つの目標を設定して、それを具体的な計画、行動に落とし込んで取り組むのが大事です。

 

ただ、大きな目標そのものは必要です。

それがないと、効果的ではない行動をついついやってしまう可能性があります。

例えば「毎日1冊読む」という行動を設定すると、ついつい目標達成に寄与しない「簡単な本を読む」という行動を無駄にとってしまう可能性があります。

 

ちなみに目標が複数ある場合は、コンフリクトの解消という技を使うのもあり。

※2つの目標を同時に達成できるような目標は無いのか?と考える方法です。

 

5つの目標設定ルールに関するちょっとした補足

5つの目標設定ルールに関するちょっとした補足です。

【1】客観的、具体的プランを作る

【1】客観的、具体的プランを作るに関して。

客観的というのは「誰が見ても同じように思えるかどうか」です。

更に言うと、「他の人から見て結果がわかること」も重要です。

 

例えばダイエットだと「脚を細くする」ではなく「体重を3キロ落とす」というのは具体的な目標ですね。

ここまでは、多くのビジネス書などで言われていること。

客観性も含んでいるように思えますが、更に大事なのは「他の人にも見えること」です。

つまり、「今の体重は何キロ」で「何キロになるか」というのを周囲の人が分かるようにするべきです。

 

【2】反復可能性がある

【2】反復可能性があるに関して。

人間は自分が成長している、変化している…ということがわからないとフローに入れません。

習慣化(毎日同じことをする)中で、段々と変化(上達)を感じることができます。

 

そのために必要なのは、具体的な行動方法の把握でして、マニュアル・チェックリストにするのがオススメです。

» 参考:やる気を出すには具体的な行動が大事

 

【3】フィードバックの持続

【3】フィードバックの持続に関して。

方法は簡単でして、

  • カレンダーで記録する(例えばGoogleカレンダーで記録する)
  • カレンダーに丸をつける(シールを貼るのもあり)
  • 日記に書く(今日何ができたか、充実感・満足感を感じたか)

など。

 

理想は他人に見てもらうことです。

情報発信したり、他の人にチェックしてもらうことで、より成功率が高まります。

 

【4】ストレスがあること

【4】ストレスがあることに関して。

人間は、ストレスが無いと、やる気が出ません。

そして、「自分なら乗り越えられる」という考えを持つことで、ストレスを力に変えて行動することができます。

 

ストレスを感じるくらいの、課題設定をすることが大事です。

  • 時間を制限する(タイムリミット)
  • タイムアタック制にする(競争相手を作る)、ストップウォッチを使う
  • 難易度を高める

など。

とにかく自主的にストレス(プレッシャー)を高めることで、追い込まれている感じを演出することが大事です。

 

【5】苦手を克服する課題があること

【5】苦手を克服する課題があることに関して。

目標の中に「苦手を克服する課題」が含まれているか?が大事です。

新しいこと、今までやっていなかったことを入れることも、チャレンジャーという感じが出ます。

アルパカ

チャレンジャーと聞くと、たしかにフローに結びつきそうですね

 

【まとめ】目標設定チェックリストを元に目標を作ろう

目標設定チェックリストを作りました。

  1. そもそも最終的に達成したい大きな目標はなにか?
  2. 目標は具体的か?数字など定量的に表せるか?
  3. 客観的に見て、目標達成あるいは進捗が分かるか?
  4. 目標を達成するための行動は習慣化・チェックリスト化されているか?
  5. 記録媒体はなにか?Googleカレンダーか、紙のカレンダーか?
  6. 他人からのフィードバックがあるか?
  7. 行動に時間制限はあるか?
  8. 今までできなかったこと、苦手なことなど「新たな挑戦」を含んでいるか?

こんな感じで、チェックをしっかりつけて、目標を設定しようと思います。

 

コメントはお気軽にどうぞ!