DNB(Dual N-Back課題)をの上達法・コツについて。ワーキングメモリを鍛えたい

DNB(Dual N-Back課題)をの上達法・コツについて語ります。

 

先日記事に書きましたが、ワーキングメモリを鍛えるには、デュアルNバックというゲームが最適です。

» 参考:ワーキングメモリを鍛える方法まとめ

 

初日LV3を22回しかできなかった私が、たった1日でLV4をクリアできたので、私なりのコツをお伝えしたいと思います。

https://twitter.com/arupakaizen/status/1095510981445332992

Dual-N-Backのコツは「忘れるタイミングにあり」

Dual-N-Backのコツは「忘れるタイミング」にあると思います。

 

例えば、レベル3だと、覚えるべきは「場所と文字」を3つ分で、こんな感じで出題されます。

■A(左上)→B(右下)→C(真ん中)

 

で、次にA(右上)が追加された時に「あえて忘れないようにする」のがポイントかなと思います。

失敗していた時の脳の使い方

失敗していた時の私は、最初の文字を忘れるようにしていました。

■B(右下)→C(真ん中)→A(右上)

こんな状態ですね。

 

これをするためには、

  1. A(左上)とA(右上)を比較してボタンを押す
  2. A(左上)を消去する
  3. 順番をずらして、B(右下)→C(真ん中)という順番を覚える
  4. 最後にA(右上)を記憶する

という風に頭を使う必要があり、やることがめちゃくちゃ多いです。

 

なので、最初のA(左上)を忘れるタイミングを遅らせて、多くを覚えるようにしました。

 

成功していた時の脳の使い方(忘れ方)

成功していた時は、最初の文字を忘れずに、覚えるようにしました。

※面倒なので場所は省略しますね

■A→B→C→A

という感じ。

 

で、これがNバックのN分溜まったら、まとめて消去します。

■A→B→C→A→D→E

となったら、最初の3つ分の「A→B→C」を忘れるという感じです。

■A→D→E

 

こうすることで、ワーキングメモリをたくさん使うことになりますが、

脳の処理(消去したり、順番をシフトしたり)の頻度は3回に1回で済むようになります。

 

デュアルNバックのポイントは「ワーキングメモリ」を意識すること

結局、デュアルNバックのポイントは「ワーキングメモリ」を意識することだと思います。

ワーキングメモリとは、脳内の作業机のこと。

この作業机を広げることがそもそもの目的です。

 

で、DNB(デュアルエヌバック)をやって失敗していたときには、狭い机でやろうとしていたんですね。

Nが3の時に、覚える量を「3つ」だけにしていたのが問題でした。

新たな4つ目が来たら、狭い机の上を無理やり整理して、古いものを捨てて新しいものを入れる感じ。

 

しかし、覚える量を6つにすると、広い机の上で作業ができるので、余裕を持って、処理することができます。

 

ということで、DNBの肝は

  • 一度に覚えておく数をいかに増やすか
  • 机を整理する(忘れる)タイミングをいかに減らすか

なのかなと思います。

 

引き続き、もっと上達したら追記しますね。

5 COMMENTS

arupakai

レベル6まではこのやり方でいけました(レベル6ハイスコア93くらい)
ただ、レベル7からはまた、やり方変えないと厳しそうだなーと感じています。

返信する
あーとく

解説を読んでいると、チャンク化をうまく活用して、ワーキングメモリの節約をしている様にも思えます。
目からウロコでした!

返信する
arupakai

参考になれば幸いです!
もっと良いやり方見つかったらぜひ教えてください(灬╹ω╹灬)

返信する
匿名

全然スコア上がらなかったです。

A→B→C→A→D→E

のように覚えると良いと書かれていますが、これすら覚えられません。
自分は脳に何か障害でもあるのでしょうか?

返信する

コメントはお気軽にどうぞ!